源氏藤袴会のホームグランドである革堂行願寺で
「はすの花祭り」
が行われます。
期間 7月13日(土)〜21日(日)


同時イベント
特別茶会
13日(土)13時〜15時
一人 500円(お菓子付き)
先着50名様限定
副住職様による法話

若手作家による絵画などの作品展
13日(土)〜21日(日)10時〜16時

〜夏によせて〜 歌とトランペットとピアノによる
ミニコンサート
14日(日)11時〜 14時〜
ソプラノ 井尻由佳 トランペット 井尻拓真 ピアノ 伊藤嘉代
シューマン作曲の「はすの花」やパッフェルベル作曲の「カノン」など
ソプラノソロ、トランペット独奏、連弾、アンサンブル、ピアノソロで
楽しいひと時をご一緒に!

森本幸裕先生講演会
アサギマダラとフジバカマをめぐる緑と生
<絶滅危惧種の生物多様性>

日時 6月30日(日)午後1時半〜午後2時30分
(開場13:00)
場所 新島会館 京都市上京区松蔭町(寺町丸太町上ル)
入場無料 先着 100名様

地球上では様々な動植物が互いに助け合い、
利用しあいながら、生命をはぐくんでいます。
私たち人間もその輪を形成する要素の一つです。
生き物どうしの連環、そして、そこに関わる人間の役割について
語っていただくサイエンス・コラムです。


講師:森本幸裕
大阪市出身京都大学名誉教授、農学博士、(公財)京都市緑化協会
理事長 専門は環境デザイン学、景観生態学。大阪府立大学、京都
大、京都学園大、京都造形大の教授の他、日本緑化工学会会長、
日本環境生態学会会長、ICLEE(国際景観生体工学学会連合)


参加申し込み方法
源氏藤袴会事務局へご連絡ください。
電話    075−241−2084
メール info@g-f-a.org
ホームページのお問い合わせページからもご連絡いただけます。
折り返し連絡を差し上げます。

主催:源氏藤袴会

源氏藤袴会、年に一度の総会が革堂行願寺で。
どなたでも参加していただけます。
ぜひ会員にもなって、藤袴を一緒に育てませんか!

日時 3月31日(日)午後1時半〜午後3時
場所 革堂行願寺 講堂
今年の藤袴の育成計画や藤袴祭の運営スケジュールなど
の説明があります。いろんなご意見も歓迎です。よろしく
お願いいたします。

ただ今、革堂さんで写真コンテストの結果を展示しています。
革堂賞も、源氏藤袴会賞も有ります。

革堂行願寺を中心に寺町通り一帯の四季の花をとらえた力作、
沢山のご応募有難うございました。年を越えて遅くなりました
事、申し訳ございませんでした。また即席の手作り感は否めま
せんが、スタッフ一同、心を込めて作りました。どうぞ、ご覧
ください。

源氏藤袴会のホームグランドである革堂行願寺で
恒例落語会が3月30日(土)開催されます。
楽しい催し、ぜひ参加してみてください。

13時開場 13時30分開演
出演   桂紅雀、桂そうば
予約   2000円
当日   2500円
ご予約/問い合わせ 電話090-3264-1664(事務局)
パソコンから irebaokuba@yahoo.co.jp
携帯から   kuma-han@i.softbank.jp
春の一日、笑いの午後をお楽しみください。

松の内も終わり、いよいよ本格的に始まろうとしている
本年ですが、まだ十分な挨拶も出来ていませんでした。
遅ればせながら、皆さま今年もどうぞよろしくお願いします。

前年の源氏藤袴会の報告書を作ることに年末年始を過ごし、
お陰様で、20日過ぎに出来上がることになりました。
報告書を見ながら思うことは、天候不順や「うどん粉病」
で藤袴育成に困難をきたしたことや、徐々ではありますが
藤袴祭が地域に根付こうとしていることなど、悲喜こも
ごもです。こうして前年を振り返りながら、源氏藤袴会を
一歩でも前に進められるようにと考える年始となりました。
どうか今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
皆様にとって良い一年になりますように。

                  代表 馬場備子

116人の願いが叶いますようにと。

昨日29日、革堂行願寺愛染堂にて〈藤袴祭〉アサギマダラ願い札
のお火焚きが行われました。「無病息災」「受験突破」「美人に
なりますように」など皆様のいろいろな願いが叶いますよう観音
様へお祈りしていただきました。無事お火焚きが終了した事をご
報告いたします。

藤袴が欲しい人に。
少数の人と連絡が取れず申し訳ありません。

来年、花を咲かせようと多くの方に藤袴の根っこを貰って
いただきました。ただ一部の方との連絡が取れない不手際
があり、再び連絡を待つ次第です。事務局の方へもう一度
電話をいただくか、ホームページのお問い合わせから連絡
をいただけないでしょうか。
(電話番号 075ー241−2084 馬場まで)
藤袴の根っこ、まだございます。
ご希望される方はお問い合わせページからお申し込みください。

願い札のお火焚き、
革堂さんで11月29日(木)午後2時から始まります。

色々な願い事を書いたアサギマダラの願い札が
いよいよ、お火焚きされます。
公開されますので皆さんぜひお越しください。
寄付金をいただいた方に進呈される願い札に、
書かれておられない方々には代筆で「健康長寿祈願」
とさせていただいております。
皆さんの願いが叶いますように。

革堂行願寺庭先の藤袴冬越しのため11月3日に枝を切り、
門前にお持ち帰り用として用意いたしました。ご自由に
お持ち帰りいただき
藤袴の効用をお試しください。

藤袴は活用度の高い素晴らしい植物です。その効用はドライ
フラワーとして香りを楽しみ、その後全てを粉々にして消臭剤
として使うことができます。匂い袋として服のポケットに忍ば
せたり箪笥やシューズボックスに入れて使います。
花、葉、茎を煮出しして、SOD酵素を利用しましょう。
近畿大学で調べてもらったところ「SOD様活性が大変高く
石鹸や入浴剤に効果的」とのことでした。煮出して冷ました
液体500ccをお風呂に入れると体臭が消え、洗濯機にコップ一杯
ほど入れると衣類の嫌な匂いが無くなります。
*SOD酵素は体の活性酸素(体のサビ)を除去し、健康と長寿を促進します。

面倒だという方には、革堂さんで販売しております。
どうぞお試しください。
入浴剤・洗濯用エキス(2リットル)¥1,000
最高級エキス(アロマ器で蒸留、70ml)¥1,000