概要

 

源氏藤袴会

万葉の時代から京都に自生している藤袴の保全育成を行います。そしてこの花と共に京都の歴史・文化・伝統の伝承に努めます。現代では絶滅の危機と言われる自生種の藤袴の魅力を広く市民・他府県のたくさんの人々に知ってもらい、近い将来、京都の花
として秋の風物詩になるよう願います。そのモデルに御苑東側
に位置する全国的に有名な多くの建物がある地域を中心に、年
に一度藤袴祭と称して藤袴の展示を行います。地域住民と関係
機関・団体が一緒になり歴史・文化・伝統の息づく町づくりの
賑わいを創出します。秋には藤袴の香りが街を包みますように。

 

藤袴

秋の七草の一つで、淡い赤紫色の小さな花が枝に先に集まるよ
うに咲きます。刈り取った茎や葉は半乾きの状態にすると爽や
かで快い香りを放ちます。全草を乾燥させたものは、利尿、解
熱効果があり蘭草(生薬名)として利用されています。かつて
は本州以西の河川や草原などで見られる植物でしたが、河川改
修などにより生息適地を追われ個体数が減少しています。
また、いにしえより「薫る草」として人々の間で親しまれており、『源氏物語』の中で、夕霧の玉鬘(たまかづら)に恋心を
伝える場面で、御簾の中にそっと挿しいれる花として用いられ
ています。1998年に大原野で発見されたのが自生種と確認され
ました。また絶滅危惧種として指定されKBS京都の藤袴キャン
ペーンによって拡がりを見せています。

アサギマダラ

アサギマダラは旅をする海を渡る蝶とも言われます。5〜6cm
ほどの大きさでふわふわと飛翔します。1980年ごろから始めら
れたマーキングという調査方法によって春は南から北へ(南西
諸島・台湾から日本本土)、秋は北から南へその逆コースを移
動します。まるでツバメのようです。夏から秋にかけてキク科植物のフジバカマの花によく集まり、吸蜜する姿が見られます。
例年10月の藤袴祭にもやってきます。


革堂行願寺

行願寺は京都市中京区の寺町通にあります。通称は革堂と呼ばれ
寛弘元年(1004年)、行円により創建されました。行円は故があって、鹿の皮を常に身につけていたことから、寺の名も革堂と呼ばれることになりました。西国三十三所の19番所札所であり、町堂として町内安全の祈りが連日行われています。「源氏物語」を支援した藤原道永の息子・藤原顕信は行円のもとで剃髪出家し、行願寺に大きな足跡を残しています。「西国三十三所草創1300年記念事業」がスタートしたことを機に源氏物語第30帖「藤袴」に登場する京都古来自生種の藤袴を境内で一般公開し、その後毎年秋には藤袴祭のメインステージになっています。

 



主催:源氏藤袴会
後援:京都府 京都市 京都市緑化協会 KBS京都
  (公財)京都市芸術文化協会
共催:(振)寺町会 革堂行願寺 京都市歴史資料館 
   御池中学校 鴨沂高校 京都市上京児童館 
   京都市立御所南小学校 京都市立御所東小学校
   同志社校友会新島会館 京都女子大学附属小学校
   興聖寺 深草藤袴の会 地元育成者
助成:公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会
協力:上京区役所 中京区役所 下御霊神社 
   同志社社史資料センター新島旧邸 日本基督教団洛陽協会
   清荒神護浄院 梨木神社 天台圓淨宗大本山廬山寺
   頼山陽旧跡保存会山紫水明処 護王神社 菅原院天満宮神
   白雲神社 宗像神社 厳島神社 東山瓢箪プロジェクト
   なんやかんや大原野推進協議会 水尾自治会
  (公財)冷泉家時雨亭文庫 竜安寺参道協働はな街道プロ
   ジェクト報恩寺



源氏藤袴会
代表 馬場備子

 

〒602-0876 京都市上京区新烏丸通丸太町上る錦砂294-1
TEL/FAX 075-241-2084
MAIL  info@g-f-a.org