藤袴祭

 


お陰様で2020年の藤袴祭も
下記の内容で無事に終了いたしました。
皆様のご来場と
ご協力に感謝いたします。



香りが誘う
京都の文化と歴史


2020年10月9日(金)から12日(月)
寺町(御所東ロード〜二条通間)
河原町丸太町交差点北西側
御所東小学校前
革堂行願寺(午後五時閉門まで)
下御霊神社
各スタンプラリー会場


今年は日本中のお祭りが縮小され、町から活気が失せています。そんな中植物は変りなく成長を続け、二月末から育成を始めた
藤袴もぐんぐんと育ち花を咲かせるようになりました。絶滅危惧種とされる藤袴の保全育成成果を年に一度、中京区・上京区の文化的建造物を中心に展示します。本年もぜひご覧くだい。伝統の息づく静かな街並みを散策して、藤袴の香りに包まれましょう。

ソーシャルディスタンスを取って、参加しましょう。
開会式や茶席、講演会など屋内での行事、イベントは中止にいたしました。園奈央子氏による二胡の演奏会も次回に期待します。下御霊神社境内での数々のお店を楽しんだり、京都の文化と歴史に触れながら、野外でのひとときをお楽しみください。

スタンプラリーで地元京都の文化遺産を散策、
秋の青空の下を楽しみましょう。
京都御苑や寺町通りには、数々の文化的建造物が有ります。
今年は鳴虎の通称で知られる報恩寺(小川通寺之内下ル)も
会場になりました。藤袴の香りに誘われながら、京都の素晴
らしい文化や歴史にもう一度触れてみませんか。下図のマップ
を参照ください。スタンプラリー帳は各会場で配布いたします。


下御霊神社境内では、楽しいお店が並びます。

秋の七草を活けるワークショップも。
藤袴グッズ/<花孝>季節の花/<百茄里>花の短冊/<三善
製菓>杵つき餅/<関農園>亀岡からの野菜/古道具など多数
出店、また街中の松下ギャラリーでは美術作品と藤袴が並びます。10日(土)13:00から下御霊神社では華道家西村良子先生
による藤袴いけ花教室が開かれます。(電話075-241-2084馬場
まで、10月5日までにお申込みください。費用2500円)

    

願い事をアサギマダラの願い札に書こう!
後日、革堂行願寺愛染堂にてお火焚きされます。お火焚き行事
に参加すれば、叶うかも。(願い札500円)源氏藤袴会ホーム
ページからも購入できます。

                                                 

♨️ 藤袴の湯に癒される銭湯「玉の湯」で!
会期中、日曜日を除く3日間、「平安時代のお風呂」を再現します。フジバカマはSOD酵素という体のサビを除き健康と長寿を促進する成分がたっぷりと含まれています。絶滅危惧種の藤袴を使用する公衆浴場は今まで全国、京都でもありません。今回初めて京都市中京区のこの町で、香り立つお風呂の薬用効果と入浴後の爽快感を味わえます。

 日時 10月9日(金)・10日(土)・12日(月)の3日間
    11日(日)は定休日です。
    午後3時〜午前0時
 場所 「玉の湯」京都市中京区押小路通御幸町西入
 入浴料 大人¥450 小学生  ¥150 乳幼児 ¥60
 内容 玉の湯浴場内の「薬湯」、「サウナ」に乾燥した
    藤袴を入れます。
    健康のため、美容のため、
そして癒しの為に。
 運営協力 玉の湯